コンテンツへスキップ

GeneLife WGS ダッシュボード画面(表示例)

すべての結果

すべての結果の一覧ページへ遷移します。

バリアントスクリーニング

疾患スクリーニング結果1は、ClinVar(米国 国立生物工学情報センターのヒトゲノムの多様性と関連する疾患のデータベース)に登録された6,130以上の疾患項目の結果が確認できます。

疾患スクリーニング2では、ACMG(米国臨床遺伝・ゲノム学会)が被験者に結果を開示すべきと提示した62の疾患項目の結果が確認できます。

本結果にはセンシティブな内容が含まれる可能性があるため、医療従事者とのオンラインカウンセリング時にご確認いただけます。カウンセリング前は結果にアクセスできませんのでご注意ください。



医療従事者とのカウンセリング予約

疾患スクリーニング(ClinVarとACMGの疾患スクリーニング)の結果にはセンシティブな内容が含まれる可能性があるため、医療従事者とのオンラインカウンセリングにて開示いたします。解析完了のお知らせメールが届いたら、こちらから予約を取り、15分間のオンラインカウンセリングを受けてください。

追加で医療従事者のカウンセリングを受けたい場合も、こちらから予約できます。追加相談には別途相談料がかかりますのでご注意ください。

疾患リスク

がんなど生活習慣病の疾患リスクをご確認いただけます。

「カテゴリから探す」からは、カテゴリ別に疾患リスクの結果を確認できます。

体質

あなたの遺伝的な体質や能力の結果を確認できます。

肌タイプ、肥満タイプ、筋肉タイプの詳細のレポートが確認できます。

「すべてのアイテムを探す」からは、カテゴリー別の体質の結果を確認できます。

祖先と民族構成

あなたの民族構成と、母方/父方祖先の移動経路の解析結果を確認できます。
※ 女性はY染色体を持たないため、父系のハプログループを調べることはできません。

GeneLife WGSについて

GeneLife WGSについて詳しい情報を知りたい場合はこちらをご利用ください。