コンテンツへスキップ

GeneLife WGS オンラインコンサルテーションの注意事項

①コンサルテーションは15分までとなります。

②コンサルテーションの内容は、GeneLife WGSの「疾患スクリーニング/専門家パネル」の結果部分に限定されます。同結果は該当する疾患性関連の遺伝子変異の有無を報告するのみであり、具体的な疾患等が発症することやその時期を説明するものではありません。

③コンサルテーションは一般的、抽象的な回答であり、医療行為ではありません。医療行為に当たるご相談(病名の診断・処方について、緊急性のあるご相談など)には応じられません。

④医療従事者が提供するアドバイスに従うか否かは、もっぱら利用者の責任となります。ジェネシスヘルスケア株式会社および医療従事者は、コンサルテーションにおいて医療従事者が提供したアドバイスの結果に対して一切の責任を負いません。

⑤心配な症状がある方はかかりつけ医の指導を受けてください。コンサルテーションとは別途、当社提携先クリニック(医療法人社団 創世会 臨床検査科恵比寿)での診察をご希望の場合は、その旨をコンサルテーションの際に明示的にお申出ください。

⑥ 項目数は多いように見えますが、特にACMG専門家パネルでは、一部の参加者は、バリアントが検出されないことがしばしばあります。これは、浸透性の遺伝病が検出されていないことを意味し、これは検査を受けた方にとっては肯定的な結果であることを意味します。オンラインコンサルテーション中に医療従事者が説明致します。

ClinVar疾患スクリーニングに関しても、一部の参加者ではバリアントがまったく検出されない場合ありますが、これも検査を受けた方にとっては肯定的な結果であることを意味します。平均して、バリアントが報告された場合には、 検査を受けた方は 2 ~ 4 項目が該当する旨の報告を受ける可能性があり、オンラインコンサルテーション中に医療従事者が説明致します。

ほとんどの場合、15 分間のコンサルテーションセッションで、これらの項目をカバーすることが可能です。なお、個別のケースでは、オンラインコンサルテーションは結果に応じて時間がかかることがあります。

該当項目が報告された場合には、医療従事者は、遺伝カウンセリングをサポートする医療施設または該当項目を専門とする医師との相談に関するガイダンスを提供することがあります。

コンサルテーションの内容は、GeneLife WGSの製品・サービスの「疾患スクリーニング/専門家パネル」の結果部分に限定されます。コンサルテーションを提供する医療従事者は、栄養、身体活動(例:フィットネス/パーソナルトレーニング)、美容(例:スキンケア)の分野の専門家ではないため、これらの分野に関するアドバイスは行いません。

詳細は、以下をご確認ください。
オンラインコンサルテーション利用規約
GeneLife WGSの免責事項